健康ケアトレーナー、介護予防運動トレーナー、ウォーキングトレーナー、スチューデントトレーナーの資格取得。一般社団法人メディカル・フィットネス協会

メディカルチェックによる健康管理と、医学とスポーツ科学を統合した資格取得を目指せます。
MENU

【MFA健康コラムVOL.8】生活習慣を見直し、毎日をアクティブに過ごそう!!

TOP > 【MFA健康コラムVOL.8】生活習慣を見直し、毎日をアクティブに過ごそう!!

MFAオフィシャル健康コラム

【MFA健康コラムVOL.8】生活習慣を見直し、毎日をアクティブに過ごそう!!

■プラステン(+10)運動で生活習慣を改善!!

 

生活習慣病は、健康寿命の最大の阻害要因になっています。
ほとんどの生活習慣病は、自覚症状のないまま進行しますので、自覚する頃にはかなり進行している場合があります。
日常生活を見直して、適度な運動、活発な生活習慣、バランスのとれた食事、禁煙などを実施することにより、生活習慣病を予防することができます。

 

今より10分多く体を動かす、プラステン(+10)運動で、毎日をアクティブに過ごすことを心掛けてみませんか?

 

■今より10分多く!プラステン運動!
【職場で】
●通勤時、一駅分歩いてみませんか?
●自転車や徒歩で通勤してみませんか?
●職場環境を見直し、体を動かしやすい環境を作りましょう。

 

【地域で】
●家の近くをサイクリング、散歩をしてみませんか?
●公園や運動施設を利用してみませんか?
●ウィンドウショッピングなどで楽しみながら体を動かしましょう。

 

【家族や友人と】
●家族や友人と外出を楽しみましょう。
●フェーストゥフェース メールや電話、SNSなどのやりとりだけでなく、顔を合わせたコミュニケーションで積極的に外に出ましょう。

 

今より10分ずつ長く歩くように心がけることで、生活改善に対する意識も変わってきます。
さらに、一日60分以上体を動かすことで、一層生活習慣病のリスクを減らす事ができます。

 

 

■活発な生活習慣を身に付けるために、運動習慣を!
生活活動+運動

 

●「メッツ」ってご存知ですか?
メッツとは、運動によるエネルギー消費量が安静時の何倍になるかを表す単位です。☆強さの単位☆
例えば、座っている時の状態(安静時)の状態が1メッツです。

メッツ・時は、身体活動の量を表す単位です。☆量の単位☆
例えば、安静時の1メッツ × 1時間 = 1メッツ・時 

 

▼運動、生活活動、メッツの目安▼

 

 

(「健康づくりのための身体活動基準2013」より)

 


(厚生労働省資料 より)

 

●3メッツ以上の生活活動・運動の例

 

生活活動の例 メッツ

日常的な歩行 

3.0メッツ
早歩き  4.3~5.0メッツ
部屋の掃除(掃除機) 3.3メッツ
自転車(16Km/時未満)  4.0メッツ
公園などで活発に遊ぶ 5.8メッツ

 

 

運動の例 メッツ
ダンス(ワルツ・サンバ)  3.0メッツ
平泳ぎ(ゆっくり)  5.3メッツ
バドミントン  5.5メッツ
ジョギング(ゆっくり) 6.0メッツ
サイクリング(約20km/時) 8.0メッツ

 

このように、毎日の生活の中に体を動かす時間を少しずつ増やしていくことで、身体活動(生活活動+運動)の習慣化に繋がります。

 

■有酸素運動で内臓脂肪を減らしましょう!
ウォーキングやジョギング、ランニング、サイクリング、エクササイズなど、長時間継続して行う運動は、有酸素運動と呼ばれます。
有酸素運動は、脂肪や糖質を酸素の力によってエネルギーに変える運動です。
毎日の生活の中に有酸素運動を取り入れて、健康的な毎日を心掛けてみませんか。

 

●ウォーキング
気軽に始められるウォーキングは、一日8,000歩を目安に生活しましょう。
毎日+1000歩多く歩くことを目標に、徐々に歩数を増やしていきましょう。

 

☆平成 28 年国民健康・栄養調査によると、運動習慣を持つ者の割合は、男性 35.1%、女性 27.4%であり、健康日本 21 等の様々な取り組みにも関わらず、国民の 3 分の 2 が運動習慣を身につけていない状態となっています。
一方、1 日の歩行量(歩数)に関しても、男性 6,984 歩、女性 6,029 歩と前年に比べ男女ともに減少しているという結果が出ています。
☆(メディカル・フィットネス協会 ウォーキングトレーナー養成講座より)

 

●ウォーキングのコツとポイント

【顔】あごを軽く引いて、まっすぐ前を向く
【目】目線を10m~15m先に向けると背筋が伸びる
【肩】肩の力を抜いてリラックスした状態で
【腕】ひじは軽く曲げてリズミカルに肩から動かす
【ひざ】しっかり伸ばして前に振り出す
【腰】腰を回して一直線上を歩くように意識する
【足】つま先で地面をけり、かかとから着地
【歩幅】歩幅は普段より大きくとる

 

 

正しい歩き方や姿勢が身に付く!
ウォーキングトレーナー養成講習会に参加してみませんか?

当協会が定期的に開催しているウォーキングトレーナー養成講習会では、正しい歩き方、運動の効果、歩幅と歩行速度など、対象者にあった実践方法等を学べます。
また、実技では、シューズの履き方、エクササイズウォーキングの実践もあり、楽しくご受講いただけます。

ウォーキングトレーナー養成講習会は、どなたでもご受講頂ける講座です。
ご自身やご家族の健康の為に、地域活動の代表として受講される方もたくさんいらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。

 

 

◆開講予定のウォーキングトレーナー養成講習会◆
■大阪② 2019年7月7日(日)9:40~17:00
大阪ハイテクノロジー専門学校 第2校舎(大阪市淀川区)
【健康運動】【NSCA】

 

■広島 2019年9月23日(祝・月)9:40~17:00
広島YMCA専門学校(広島市中区)
【健康運動】【NSCA】

 

■福岡 2019年10月6日(日)9:40~17:00
アクシオン福岡(福岡市博多区)
【健康運動・JAFA】【NSCA 申請予定】

■岡山 2019年11月10日(日)9:40~17:00
美作市スポーツ医療看護専門学校(岡山県美作市)
【健康運動】【NSCA】

■大阪③ 2019年12月1日(日)9:40~17:00
大阪ハイテクノロジー専門学校 第2校舎(大阪市淀川区)
【健康運動】【NSCA】

■大阪④ 2020年3月8日(日)9:40~17:00
大阪ハイテクノロジー専門学校 第2校舎(大阪市淀川区)
【健康運動】

 

▼お申込み・お問い合わせ▼
https://mfa.or.jp/lecture_apply/

 

================================
メディカルチェックによる健康管理と、
医学とスポーツ科学を統合した資格取得を目指せます。


▼介護予防トレーナー▼
https://mfa.or.jp/kaigo/


▼ウォーキングトレーナー▼
https://mfa.or.jp/walking/

 

▼各講座日程▼
https://mfa.or.jp/calendar_apply/


メディカル・フィットネス協会は、

健康測定などの医学的及び体力的資料に基づく適切な身体活動を通した健康づくりに関する事業(メディカル・フィットネス)の活動をもって生活習慣病の予防と健康管理増進を図り、QOL(生活の質)の向上に寄与する事を目的としています。

 

 

一般社団法人 メディカル・フィットネス協会
〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-2-9
TEL:06-6150-2322  FAX:06-6150-2323

一覧TOP

カテゴリー

アーカイブ

最新のお知らせ

2024.06.07
【MFA健康コラムVol.105】歩くこ…
2024.06.06
!NEW!【2024年度】各講習会・セミ…
2024.05.24
【MFA健康コラムVol.104】疲労の…
2024.05.14
【MFA健康コラムVol.103】疲労の…